日々の記録


by antiest0915
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

refuse +実は…粗大ゴミ+

実は私…彼氏君とは事実上終わっている感じです。
去年の春くらいからでしょうか、もっと前かも。

だけど、上手くいっていない事に目を伏せながら、お互い一緒にいる時はそれなりに装い、
時には衝突し、また何事もなかったように誤魔化し続けて来ています。

去年の夏くらいからは、メールもほとんどしていません。
無理して連絡をすれば喧嘩になるから、お互い連絡を取りません。

彼氏君が家にいる期間は、彼氏君はなるべく遅く帰ってきます。
それでも一緒に居たくないのか、その後コンビニへ立ち読みに行きます。

…そんな事に色々感じているのに、感じてない振りをしている私です。

今回の私の転職には、彼氏君と上手くいっていない事が大きな原因となっています。

前職(事務)は、誰かに依存しながらでなければ生活できない収入だったし、
キャリアアップするような業務内容では無かったからです。

私自身、捨てられる準備に入っているんです。

彼氏君も、今回の転職には賛成しています。
以前は、私がスキルアップのための習い事をしたいと言うと、
「そんなのするなら、料理教室とかに行けよ。」と言ってくれていたし、
給料が安くても、お気楽に若いコと楽しくしていてくれる事が嬉しいと思っていたみたいでした。

それが、いつからか自立した人になって欲しいと思うようになっているようです。

ぢゃあ、どうして別れないのか…私の言い分です。

一つは、単純に33歳で彼氏もいない独身になりたくないのかもしれません…。
他人の目を気にしているのかもしれないです。

また一つは、好きなのかもしれません。
でも、わからないです。
ただ、彼氏君よりイイと思える人には会えていません。

また一つは、アイツとの思い出を共有できる唯一の存在だから離れられません。
楽しい思い出には3人一緒だから…それもあります。

彼氏君が私を捨てられないのにも理由があります。

彼氏君が私に出会った当時、私は楽しく暮してました。
当時の私はかなり卑屈な人間で、不幸になりたくないから幸せも望まない。
だから、誰とも付き合わないという感じでした。

毎日のように飲みに行ってくれる友達もいるし、男友達もいるし…、
大きな幸せは無かったけど、毎日楽しく暮していました。

彼氏君に告白された時に私は、「絶対に別れないなら付き合ってもいいよ。」と言いました。
当時22歳の彼氏君は案の定、「絶対なんてないから…」と言いました。
私はあっさり、「ぢゃあ付き合わない。」と言いました。

彼氏君は絶対に別れないからと言い、付き合う事になりました。

卑屈だった女と絶対別れないと約束し、まさか8年後の33歳で捨てられないんだと思います。
捨てれば死なれる…と思っていると思います。

それに、今捨てるにもタダでは捨てれないと思っていると思います。
私も今捨てられて、死なない自身も無償で別れてあげると言ってあげられる自身もないです。

(あっ、死ぬほどの勇気がないので死なない自信はあるかなぁ~)

今のままで捨てられる事になれば、きっとイヤな女になります。
わかっていても見苦しく振り舞うと思います。

まるで、粗大ゴミな私でしょ。

だからこそ、元々の自立した自分に戻らないと、
1人の方が気楽で楽しいと思えるくらいの自分に戻らないと…と感じました。

今月もメールは2~3往復のみ…必要最小限の要件のみ。



a0113522_20433888.jpg

a0113522_20441528.jpg




いちおう彼氏君が(長期出張中に)住む東京のレオパレスへヴァレンタインは送りましたが…、
彼氏君のスケジュールを全く知らなかったです。
今月中は全国色々動いているらしく、東京のレオパレスへ帰らないスケジュールだそうで、
受け取れないそうです。

まるで、2人の仲を表すようなヴァレンタインでした…。



あっ、別に思いつめて、感情的に書いている訳ではないですよ。



明後日から地元山形は庄内へ出張です。
彼氏君はもちろん知らないです。
[PR]
by antiest0915 | 2009-02-16 21:11 | love affair